お金借りるならこの3社がオススメ!

お金借りるNARAをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

お金を借りるならすぐに審査をしてくれてすぐにく振り込んでくれるところが便利です。
急いでいるのに何日も待たされるのは嫌ですよね。
最近では即日審査、即日振込が可能な会社も増えてきました。

 

急いでいるからといってブラックでもOKなどの記載がある会社で借りるとトラブルに巻き込まれる
場合がありますので名前を聞いたことの無い中小の会社は避けた方がいいでしょう。

 

当サイトでご紹介しているのは大手の会社ですのでご安心ください。
下記にお金を借りる際にオススメの3社を掲載しました。

 

プロミスで14時までにお金借りる

 

 

 

 

モビットで保証人不要でお金借りる

 

 

 

お金借りる時の審査について

お金を借りる場合審査というものが必ずあります。
受からないとお金を借りることができません。

 

では審査に受かる人とはどういった人なのでしょうか?
また受からない人とはどういった人なのでしょうか?
その答えを知るためには、どのような事ををチェックされているのかを理解する必要があります。

 

審査の基準は、主に勤務先及び勤続年数、雇用形態、年収、健康保険証の種類、
住居形態及び居住年数、家族構成、取引実績などです。
金融機関はこのような項目を点数で評価しておりその評価システムを
スコアリングシステムといいます。

 

無職の方の場合は安定した収入が無いためお金を借りるのは難しいです。
また、勤続年数が長い方が評価が高いですし雇用形態は正社員が優遇されます。
※フリーターの方でもお金を借りることは可能です。

 

健康保険証の種類も国民健康保険だと信用が低いですし、住居形態は賃貸住宅よりも
持ち家の方が信用が高いです。
また、居住年数も長ければ長いほど良いですし、家族構成は一人で住んでいるよりも
両親や息子と住んでいる方が評価が高くなります。

 

最後になりましたが、やはり一番大切なのは取引実績です。
当たり前ですが、滞納や多重債務がある人は、借入を断られる可能性が非常に高いです。
また、借入件数が多い場合も審査に悪影響を与えてしまいます。

 

しかし、ある程度評価が高ければ必ず通るという訳ではありません。
例えば、同じ評価の人が一緒に申し込みをしても、片方が落ちて片方は
お金を借りることができたというケースはあります。
そして、その理由は公開されることが無いので、まず一度申し込んでみることをおすすめします。

 

信用情報機関とはどのような機関なのか

信用情報機関とはあまり聞き慣れないものですが、お金を借りるためにキャッシングの利用を申し込む際に会社側が個々の顧客に対し融資の可否を判断する上で非常に重要な役割を担っています。

 

お金の賃借にかかわるサービスを提供している業界は様々あるもので、クレジットカードや
ローン会社からリース会社や銀行などをはじめとして複数の関係業界で融資事業が行われています。
またそれぞれの業界で多く会社が営業していますので、利用者の中には複数の金融機関から
借り入れをしている方も多くいるのではないでしょうか。

 

キャッシングをはじめ他のサービスを利用する際には、申込者の個人を特定すると共にどのような負債を抱えているかを確認する必要があるため、申し込みに際して会社側は
お金借りる審査のために業界をまたいで個人情報を管理している信用情報機関に問合せを行うことになります。

 

その際には申込者の個人情報を確認することになり、加えて申込者が現在どのような負債を
抱えているのか、また過去に返済をしていないなど事故が発生した経歴がないなどの点に
ついても確認を行うことになります。

 

この信用情報機関は主に3系統に分かれており、クレジットカード・信販・リース・消費者金融・携帯電話などの
会社であればCICに、銀行・信用金庫・信用組合・農協・労金であれば全国銀行個人信用情報センターに、
また貸金業・クレジット・リース・保証会社・金融機関ではJICCにそれぞれ確認を行い、融資の可否を判断します。

 

お金借りる場合の返済について

キャッシングを利用してお金借りると当然のことですが毎月返済をしていくことになります。
毎月の返済額は決められており、基本的には決められた額を返済すればよいのですが、繰り上げ返済という方法もあり、この繰り上げ返済を上手に活用することがキャッシングの
利用では大切になります。
たとえば、毎月の返済額が1万円だったとします。
これは最低でも1万円は返済してくださいという額で、1万円を超える返済をしてはいけないというものではありません。
2万円を返済してもまったく問題ないわけです。
このように、事前に決められた最小返済額以上に返済をすることを繰り上げ返済と呼んでいます。

 

繰り上げ返済はお金を借りる人にとってどのようなメリットがあるのかですが、最大のメリットは利息を減らすことができる点です。
キャッシングの返済に必要な利息は元金を基に計算されています。
元金が多いほど利息も高くなり、逆に元金が少なければ利息も安くなります。
つまり、繰り上げ返済をすることで利息の支払いを今後減らすことができるようになるのです。

 

また、一度に多くのお金を返済するわけですから完済までの期間も短縮できます。
お金を借りる方の返済期間が長いほど利息の支払いも増えるわけですから、できるだけ短い期間で完済することは重要です。
毎月必ず繰り上げ返済をする必要はありませんが、余裕のある月はできるだけ繰り上げ返済をしておくと後々の返済が楽になります。
余裕の無い時は最低限の額だけを返済するようにすれば負担もかかりませんので、収入と支出のバランスを考えながら
積極的に繰り上げ返済をして少しでも利息の支払いを減らすようにしましょう。

 

支払いを一本化するためにお金借りる

おまとめローンとはキャッシングなどを複数社から融資を受けている方に向けてのサービスで、借り入れを
一本化することを指しているのですが、利用する上でどのような長所や短所があるのでしょうか。

 

まずおまとめローンを利用する上での長所としては、月に何度も訪れる返済日をまとめることが
できるとともに、比較的に低い年率のローンに一本化できることにより返済額の圧縮が可能に
なる点が挙げられます。

 

複数社から借り入れすると月に何度となく返済日が訪れそのたびに金策に走ることになり、
生活が不安定で落ち着いて仕事をすることができなく、給料を減らす要因にもなりかねません。
そうした時に一つの会社で借り入れをまとめることができれば返済日を1回にまとめることが
できますので、金策に走るうえでも非常に便利になります。

 

また様々な会社からお金を借りる中では一般的な年率よりもやや高めに設定している会社も
あるため高い利息を支払い続けて大きく損していることもあるのですが、おまとめローンの場合に
は比較的に低い年率に設定されていることも多く、返済額を圧縮することができる点も長所になります。

 

またその一方でおまとめローンの短所としては、月々の返済額は減少するものの返済期間が
長くのびることもありますので、結果として返済総額が減らないケースもあります。
これはすべての会社で言えることではないのですが、月々の返済額の減少などの目先の事だけに
とらわれすぎると、返済期間が長くなったことで利息が増えることもありますのでお金借りる前に
こうした短所もあることもあらかじめ理解しておきましょう。

 

レイク、バンクイック、オリックス銀行、三井住友visaカード、セブン銀行、キャッシュカード、無担保、10万円、言い訳、免許証

 

お金借りるのはフリーターやパートの方でも可能です

お金借りることを希望している方の中にはパートやアルバイトで働いている人も多いかと思います。
キャッシングやカードローンを利用できるか不安を感じるところですが実際に申し込むと借入限度額は低くなりますが
お金借りることは出来ます。

 

キャッシング会社ではパートやアルバイトなど正社員ではない非正規雇用の方でも借り入れは可能です。
現在働いていて定期的な収入があれば雇用形態にとらわれることなく融資を受ける事ができるケースが多いです。

 

キャッシング会社は大きく分けて銀行系カードローンと消費者金融の2種類に分かれるのですが、銀行系カードローンの場合は銀行がバックに控えているためお金借りる時の審査が厳しくなる傾向があります。

 

その一方で消費者金融は審査のスピードが速いので急ぎの方や初めての方でも使いやすくなっています。
フリーターやパート、派遣社員の方がお金借りるなら当サイトに掲載しておりますモビットとプロミスがおすすめです。

 

参考リンク
消費者金融等について:金融庁
指定信用情報機関のCIC